須田 瞬海

株式会社Cyber Now
代表取締役CEO

須田 瞬海

2014年入社

2014年:サイバーエージェント新卒入社。2015年にメディア事業本部でマネージャーに就任後、2016年に子会社社長就任
2018年:ビジネスパーソン向けメディア「新R25」を運営する株式会社Cyber Now代表取締役CEO
2020年:メディア事業本部統括職就任

これまでのキャリア

サイバーエージェントが展開している4つの事業領域のうち、広告事業、メディア事業、スタートアップ事業と3つのキャリア(残り1つはゲーム事業)を経験してきました。それに伴い、各担当領域を持つサイバーエージェントの役員陣と、密にやり取りするなどの貴重な経験を20代の間に積むことが出来ました。

現在は、メディア事業管轄内にて、「新R25」というビジネスパーソン向けメディアを担当しており、「ABEMA」/「Ameba」というサイバーエージェントを代表する2大メディアブランドに並べるようなサービス創るべく、日々邁進しております。

どんな大学時代を過ごしていた?

体育会硬式野球部に所属していました。
が、正直誇れるような戦績はなく、4年間ほとんど試合に出ることすらない大学生活でした。主力メンバーの打撃投手を務めていたことを除き、オフ(休日)の想い出しかほぼなく、残念学生だったと思います。

サイバーエージェントに入社した理由は?

「オフ中心」の大学生活だったので、社会人になったら「オン中心」の人生にしたいと思い、仕事に没頭できる環境を求めてサイバーエージェントに入社しました。特段やりたいコトがあった訳でも、学生時代からビジネスに興味があった訳でもなかったので、「20代で取締役になった人がいる」「入社2年目からマネージャーを務める人がいる」などわかりやすい人物目標がたくさんいたのが、決め手となりました。

サイバーエージェントで働くやりがいや面白さは?

「自分のショボさを毎日痛感する環境」があるから。

代表の藤田を筆頭に、平成に創業し、時価総額1兆円の企業を創り上げてきた現役バリバリの役員陣とマッチアップし続ける日々です。全力で走っているつもりなのですが、役員陣も更に早く走るので、全然追いつけません。 
今のところ100連敗中ですが、早く追いつかないとどんどん差が開く一方なので、世の中を代表する事業・サービスを1日も早く生み出し、グループを牽引できる存在になりたいと思っています。是非一緒に挑んでくれる仲間を募集中です。

ENTRY